男性型脱毛症にはフィナステリドと頭皮ケア

近頃髪が薄くなってきた、髪がよく抜けるようになったということで悩んでいる方は少なくありません。
髪が薄いと老けて見えてしまいますし、男性も女性も髪のボリュームは気になるものです。
薄毛になる原因は色々考えられるのですが、その中でも有名なものが男性型脱毛症ではないでしょうか。
俗にいうAGAなのですが、この場合は男性ホルモンのジヒドロテストステロンの分泌過剰が原因なので、育毛剤を使っても改善が見られないものです。
ジヒドロテストステロンは、男性らしい体を作るという働きを担い、筋肉量を増やしたり、体毛を増やしたりします。
しかしその反面、頭髪は薄くなってしまいがちなのですね。
全体がまばらに薄くなるよりは、M字やO字など部分的な禿になりやすいのが特徴です。
ではどうやって改善するのかというと、発毛クリニックなどで薬を処方してもらって服用することですね。
この薬の成分はフィナステリドといって、男性ホルモンの分泌を抑える効果があります。
フィナステリドを服用している間はテストステロンの分泌が抑えられているので、一時的に性機能が低下したり、筋肉量が減少したりという副作用も見られるようです。
しかし、フィナステリド服用を中止すると、それらの副作用は元に戻りますのでそんなに心配することはありません。
ただ、脱毛は止まってもそこから健康な髪を育成するには、頭皮ケアも同じくらい重要になってきます。
頭皮ケアが行き届いていないと、毛穴が詰まっていたり頭皮の栄養不足などが原因で健康な髪が育っていかないのです。
フィナステリドを服用しても効果がないという方は、頭皮の状態が悪いことが原因かもしれません。
医師の指導のもと、シャンプーや育毛剤などを使って頭皮ケアを行い、発毛を目指していきましょう。