フィナステリドとスカルプD併用で髪型を維持

スカルプDは芸能人が出演しているコマーシャルで有名な薬用シャンプーで、髪型が元に戻ったというような映像を見て気になっている人も多いでしょう。既に100万本以上を売り上げた実績のあるスカルプDですが、育毛剤のように直接的な発毛効果を見込めるシャンプーではないのです。しかし植物由来の洗浄成分を使用したアミノ酸系の薬用シャンプーなので、フケや痒みの原因になる乾燥や頭皮の炎症を抑える作用があります。また毛髪が育ちやすい環境を作る成分が多く、頭皮を健康な状態に導いてくれる効果があります。そのため頭皮の皮脂を取りすぎないようケアしながら、正しくシャンプーを使用していれば、より良い頭皮の状態は維持できます。もちろんシャンプーだけで脱毛や薄毛の問題を解決できないのは確かです。しかし同時にフィナステリド内服薬を併用して薄毛予防をする方法が、多くの人に支持されています。フィナステリドは男性型脱毛症の治療薬として有名で、抜け毛の原因とされるジヒドロテストステロン(DHT)という物質の生成を抑制する作用があります。この毛髪が抜けやすくなっている原因を取り除くことで、抜け毛の症状を改善して髪の毛をしっかりと残すようにしてくれます。どちらも抜け毛や薄毛の症状を緩和するだけで、毛髪の育毛促進を行う効果はありませんが、原因を取り除くことが最も重要なことと言えます。問題を放置して髪の毛が伸びても、すぐに抜け落ちて髪型が維持できなくなるからです。脱毛や薄毛はないけれど将来が気になるといった人なら、スカルプDだけでヘアケアに取り組むのも良いです。しかし髪型が崩れるほどの人であればフィナステリドを併用した方法で、髪型を維持するのは難しいですが、薄毛予防をする選択肢として考えられる方法となります。