フィナステリドの副作用まとめ

男性型脱毛症の原因は、男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼという酵素によって作られるジヒドロテストステロン(DHT
)が毛乳頭細胞の男性ホルモン受容体と結びつくことにより、成長期の髪の毛が退行期や休止期に移る信号を出すので、太くて長い髪の毛が短く、細い髪の毛になったり、抜け落ちて薄毛が進行するのです。
フィナステリドは、この5αリダクターゼの活性を抑える作用がありますので、DHTができず、ヘアサイクルが正常に戻り、薄げ野進行が止まり、清浄なヘアサイクルを取り戻した髪の毛がは発毛をしてくるのです。
フィナステリドは個人差がありますが早い人で3ヶ月で薄毛の進行が止まりますが、少なくても6ヶ月は使用する必要があります。
3年間使用して、70%の人に効果が表れ38%の人に薄毛の進行が止まっています。
しかし、薬品である以上、副作用があります。
まず、勃起不全や性欲減退などの性機能不全が1%から5%以下に発現し、頻度は不明ですが抑うつ症状やかゆみや蕁麻疹や発疹や血管浮腫(口唇、舌、喉や顔面の腫れをふくむ)、肝機能障害(ASTやALTの上昇、γGTPの上昇)があります。
なお、フィナステリドは未成年者の安全性と有効性が確立されいませんので、20歳未満お人は処方できません。
さらに妊娠している女性は、退治が男の場合退治の性器の発育が清浄にならない場合がありますのd、フィナステリドに触れることも危険です。
効果が持続するようにするには、途中でフィナステリドの服用を止めてはいけないのです。
前立腺がん検査を受ける場合、そのマーカーPSA値を半分に下げますので、この検査を受ける場合はあらかじめ申し出ておく必要があります。
フィナステリド服用中に献血をすると、その血が妊娠中の女性や授乳中の女性の体に入る恐れがあるので、献血は控えましょう。