M字はげを抑制するフィナステリドという成分

女性の場合、頭皮全体の髪が薄くなる傾向にありますが、男性だと生え際など頭皮のある一部分にだけ、脱毛が見られるケースも少なくありません。
生え際の薄毛はM字はげとも言われており、多くの男性が悩んでいる症状です。

軽度のM字はげであれば、前髪でカバーする事もできますが、薄毛が進行してしまうとヘアスタイルで隠す事は、難しくなってしまうでしょう。

何より、どんどんM字はげが進行していくのを見続ける事は、大きなストレスとなってしまいます。
生え際の脱毛が進むという場合、AGA「男性型脱毛症」によって、薄毛が進行しているかもしれません。
男性型脱毛症はジヒドロテストステロンという、男性ホルモンによって薄毛が進行する脱毛症の1つです。
「男性型」という名前の通り、男性に多い脱毛症となっており、男性型脱毛症で薄毛になっている男性は10人に1人、5人に1人とも言われています。

男性ホルモンが原因となり進行する脱毛症ですので、頭皮マッサージなど頭皮ケアでは、なかなか薄毛を抑制する事はできません。
男性型脱毛症を解消する場合は、フィナステリドという成分を配合した内服薬での治療がポピュラーです。
フィナステリドは5αリアクターゼという酵素の働きを、抑制する効果があります。
ジヒドロテストステロンは、この5αリアクターゼによって作られるのです。
ですので、フィナステリドを配合した内服薬を服用する事によって、ジヒドロテストステロンを作り難くし、男性型脱毛症を抑制する効果が期待できます。

フィナステリド成分を配合した内服薬は、1日1回服用するだけで効果的です。
服用回数も少ない為、フィナステリド内服薬は続けやすい薬と言えるでしょう。